シュークリニック 靴のマシモ 整形外科医学に基づいた健康靴
「靴のマシモ」は予約制となっております。

靴のマシモではマンツーマン体制でお客様と接しております。靴は体に身につける物の中で、唯一、微妙なサイズを必要としています。洋服でしたら多少、ゆるくてもきつくても病気になることはありませんが、靴は23.5cmの方が23.0cmの靴を履くことによってさまざまな病気を引き起こす可能性が予想されます。あなたは自分の足についてご存知でしょうか?サイズは?足長は?足囲は?靴のマシモではまず足をあらゆる角度から測定するところから始まります。それから、お客様とお話しする中で、足に合う靴選びに移ります。そして、何点かのフィッティング動作をして、足と靴の問題点を調整します。再度、フィッテングをして、特別問題のない限りその日のうちにお渡しとなります。再度、ご来店の必要はございません。ここまでの作業をどんなに早く行っても、約一時間かかり、その間、一人のスタッフが付きっきりとなりますので、一度に大勢の方をお相手する事ができない状況です。申し訳御座いませんが、ご来店いただく前に一度お電話下さい。当日の予約も受付ております。


6月のお休みは未定です。

ご予約のお電話をお待ちしております

ご予約は電話でのみ、受け付けしております。03-3386-5083

営業時間 10時から17時(最終受付16時)


案内図はこちら

       足を見ただけでその人の性格やバランスがわかる!?
         当店 店主 間下 庄一
昭和25年 宮内庁御用達出入り注文靴専門店 職人頭
昭和38年 中野に移転し、注文靴専門店となる。外反母趾のお客様が多く、足について疑問を持ち始める。
平成元年 世界中の靴に目を向けドイツの健康シューズと出会う
平成 4年 ドイツ健康靴取扱いを開始 さらにドイツに勉強に行くなどしてコンフォート・シュー・アドバイザーとなる。靴で体のバランスを治す事に挑戦。
平成5年 漫画家みやわき心太郎先生と出会い「間下庄一の世界」が小学館ビックゴールドに掲載される。以降TV、雑誌等の取材協力(プラス1・しらばか・甲野善紀「武術で知る心身不離の世界」「緑の森」米沢りか「アクション大魔王」石渡 浩「ラブ」・その他超人レッスン・その道の達人 等
平成10年 (社)日本鍼灸師会組織部青年部会 第35回全国集会in山梨にて「正しい靴の知識、靴と障害の関係」を特別講演する。現在に至る
      セミナーは各地にて行います。お気軽にご相談下さい。

現在はオーダー靴は承っておりません


私の想う靴作りとは・・・・・
靴職人の道に入り半世紀が過ぎ、いろいろな方の足を見てきました。 私の目から見ると、現在の日本人の生活様式はすべての面で西洋化の影響を受けておりますが、こと靴に対する文化については認識が低く、まだ、靴を自国の文化として消化しきれていないようです。 というのも、自分にあった靴の選び方、正しい靴紐の結び方を知らない人があまりにも多く、合わない靴を我慢しながら履き、靴なんてこんな物だと思っている人が実に多いのです。本来一人一人異なる足の形状に合わない靴を無理に押し込み、デザインを優先させるあまり、足の健康は二の次になっているのです。昭和38年、まだ外反母趾という言葉がなかった頃から既存の靴に疑問を覚え独自の調整靴の研究に努めてきました。靴の先進国ドイツにも渡り、ドイツの靴作りを研究してきましたが、そのままを日本に持ち帰るのではなく、ドイツ製の健康靴の長所に、私の経験・持論を加えお客様の体にあった靴作りを行っています。靴が足をコントロールするのではなく足が靴をコントロールする事が大事なのです。私の仕事のモットーは「足と靴の一体化」であり、例えるならば「潮の引いた砂浜を裸足で歩く感触を靴の中で実現する事」です。靴は建築の土台と同じ、車でいえばタイヤ部分、ここで全身の健康も決まってしまいます。この機会に皆さんも靴について体について、もう一度考え直してみませんか。